ルイスポールセン

louis poulsen ルイスポールセン

 

北欧照明のアイコン的存在

 

ルイスポールセンといえば、ポール・ヘニングセンというほど、彼のデザインはあまりにもインパクトがあります。特に1958年にコペンハーゲンのランエリーニュ・パビリオンのためにデザインされた、PHアーティチョークを超える名作はなかなか見つかりません。72枚のシェードすべてに均一に光が当たるように設計されています。(写真上)ポール・ヘニングセンは急進的な考えを持った、ジャーナリストでもありました。

 

 

コラージュペンダント

コラージュ ペンダント

ルイスポールセンのイメージをくつがえしたのが、北欧で勢いのあるルイーズ・キャンベルです。この「コラージュ ペンダント」は、3枚のアクリルシェードにレイザーカットされた楕円のパターンを重ね合わせています。光源のまぶしさを巧みにさえぎり、繊細な雰囲気を醸し出してくれる照明です。

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ

 お問い合わせ

Copyright © 北欧デザイン コレクション All Rights Reserved.