フリッツ・ハンセン

Fritz Hansen フリッツ・ハンセン

 

シンプルさを秘めた、時を超える北欧モダニティ


1872年、コペンハーゲンでフリッツ・ハンセンが創業。1915年からデンマークで初めて曲げ木椅子に取り組んで成功を収め、やがてデザイナーと組んで製品開発を行うようになりました。なかでも1950年代にアルネ・ヤコブセンがデザインした一連の椅子が定番中の定番になります。1982年にはポール・ケアホルムの家具コレクションの大部分の権利を取得します。近年、デンマーク内外の新たなデザイナーの起用も積極的に行い、次世代の定番を生み出しています。確かなオリジナリティがありながら、シンプルで美しく、普遍的なモダンさを備えた家具を提案し続けています。

 

 

スワンチェア(左)

アルネヤコブセンが1958年にデザインした「スワンチェア」。

 

PK24(右)

素材の弾力を生かし、座り心地と無駄のないシェイプを両立したポール・ケアホルムの寝椅子「PK24」。

 

 

イッセイ

イッセイ

ずっと使えそうなセシリエ・マンツのテーブル「イッセイ」。

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ

 お問い合わせ

Copyright © 北欧デザイン コレクション All Rights Reserved.