カール・ハンセン

Carl Hansen & Son カール・ハンセン&サン

 

ウェグナーの精神を、伝導する北欧ブランド

 

家具職人のカール・ハンセンが、1908年にオーデンセに開いた小さな工房が、カール・ハンセン&サンの原点です。彼の息子のホルガー・ハンセンが若い世代のデザイナーとの協業を始め、第2次世界大戦後、ハンス J・ウェグナーの「Yチェア」を皮切りに世界的なヒット作が生まれます。その後もウェグナーとの関わりは末永く続き、また、早い時期から機械加工を取り入れて合理化を進め、高品質でリーズナブルな木工家具を豊富に備えてきました。近年、ウェグナーの往年の名作の復刻も増えています。

 

 

CH102(左)

木を使っていない椅子でも、ウェグナーの美意識は一貫しています。1970年発表の「CH102」。

 

CH25(右)

座面と後脚が一体になったウェグナーらしいデザインの椅子。1950年発表の「CH25」。

 

 

ピーターズチェア&ピーターズテーブル

ウェグナーが初期に手がけた子供用の家具。ウェグナーの合理精神は、カール・ハンセン&サンの椅子のデザインに、最も明確に反映されています。

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ

 お問い合わせ

Copyright © 北欧デザイン コレクション All Rights Reserved.