コーア・クリント

Kaare Klint コーア・クリント

 

北欧家具を大きく進化させたプロフェッサー

 

父親の職業は建築家。1920年に独立し、建築や家具を手がけた後、1924年に王立デンマーク芸術学院に家具デザイン科を設立します。後に初代教授となり、人間工学的なスタンスと、過去の家具をリデザインする手法を確立しました。彼の考え方は、モーエンセンやウェグナーら多くの家具デザイナーの規範となり、後々まで影響を与え続けました。

 

 

SAFARI CHAIR

SAFARI CHAIR

イギリス軍が屋外用に使った椅子をリデザインしたっ「SAFARI CHAIR」。背もたれが姿勢に合わせて動き、見た目の印象よりもはるかに快適な椅子です。

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ

 お問い合わせ

Copyright © 北欧デザイン コレクション All Rights Reserved.